スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロさん負傷!!

2015.03.21 22:12|クロ

クロさん、今大変なことになってます…。

ちょっと文章が長い記事になってしまいそうですが、
備忘録として記録する意味もあって、
順を追って書いていきますので、
お忙しい方は飛ばし読みしていってくださいね。


            


初めにあれ?と思ったのは18日の水曜日。
「今日はクロちゃんまだベッド? よく寝てるね〜」
なんて、日中も冬ベッドの中で寝ている様子のクロさんを見ても、
そこまで心配することはなく、仕事に出た私。

夜、帰宅する前に母に電話を入れた時、
「クロ、今日はずっとベッドに寝てばかりで起きてこないのよ…」
とのことで、やっと「あれ?」と思い始め、
少し心配になりながら、帰宅したのですが、

私が玄関を入ると、クロさんが登場。
母によると、今日初めてベッドから出てきた!らしいのですが、
その足取りがヘン…。

左手(左前足)をかばって床につけないようにしながら、
3本足でケンケンをしながら歩いています。

えっ…!? クロさん、足、どうしたの!!と心配しつつも、
まるまる一日ベッドで寝ていたのでは、トイレもしたかろう…と、
要求に従ってドアを開けると、
大慌てで我が家の庭の小山の一角に行って、
大小を済ませて砂かけまで律儀に頑張っている様子。

その後、すぐにまた家に入ろう!と呼びかける私を無視して、
駐車場の車の下に入り込んでしまったので、
少し外の空気が吸いたいのかな…と、少し目を離したところ、
姿を消してしまいました。

あの足取りでは家や駐車場の塀や柵は越えられないハズなのに…と、
一生懸命暗い庭を懐中電灯片手に探しても姿は見えず、
心配する中、とうとうその晩は帰ってきませんでした。

それどころか、次の日の木曜日も、
まるまる一日、一度も帰ってくることなく、
どうしたらいいんだろう…と本当に心配していたところ、
やっと帰ってきたのが、続く金曜日の朝でした。

その日も仕事があった私は、後ろ髪を引かれつつも仕事に出て、
夜帰宅して母に様子を聞くと、やはり一日中ベッドにこもっていて、
全く何も食べたり飲んだりすることはないとのこと。

力なくベッドで寝ているクロさんを見ていると、
このまま様子見を続けると手遅れになるのでは…と怖くなり、

次の日が祝日、その次の日も日曜日、と病院がお休み続き、
週明けまで待てない!と判断して、
帰宅後のその足で、母と一緒に夜間救急病院に連れて行くことに。

キャリーに入れられて「にゃぁ〜にゃぁ〜」とずっと鳴いているクロさんを乗せて、
車をできるだけ揺らさないように丁寧にかつ迅速に運転しつつ、
夜間救急病院に到着したのはギリギリ金曜日の夜の11時45分前後でした。

夜間救急病院…、
空が胆嚢の破裂で激痛に苦しんだ時や頚椎ヘルニアで左半身麻痺を起こした時など、
無我夢中で駆け込んだ記憶がまだ鮮明に残っているこの場に、
またこうして来ることになるとは…。

クロの受診は初めてであることを告げて、問診票を記入してまつことしばし…
クロの番がやってきて診察を受けました。

まずは先生に思いつく限りのクロさんの現状と今までの経緯を伝えて、
いよいよクロさん本人の診察に。

キャリーから出されて診察台に乗ったクロさん、
初めに1、2回逃げなきゃ!という素振りを見せたのですが、
それを止められてからは、恐怖ですくんでしまったのか、
仰向けの体勢もバンザイの体勢も体温計の時も、なにもかも、
されるがままにお利口にいろんな処置を受けました。

左手がやはりパンパンに腫れていることから、
先生が丁寧に毛をかき分けチェックしたところ、
小さな牙の咬み傷のような穴が1箇所見つかり、

おそらく数日前に喧嘩をして噛まれたところが、
時間とともに化膿してしまったのだろう…とのことでした。

診断名はフレグモーネとあって、
調べてみると、小さなケンカ傷ほど発症の危険性が高いとのこと。
( 詳しくは こちらのページなど ←クリック )

確かに先生が見せてくれた傷は、
本当に小さな1〜2ミリの血も全然出ていない一つの穴でした。
毛に隠れていて、本当に注意深く探さなくては見つからないような傷です。

小さいけれど、そこに牙が深く刺さって化膿してしまったんでしょうね…。

症状を詳しく書いてあるページでは、
患部を触られるのを嫌がったり、うなったり、ギャーと悲鳴をあげたりします、
と書かれていましたが、

クロさん、本当に我慢強くお利口に治療中もジッとお利口にされるがままになっていましたし、
一声もうなったり悲鳴をあげたりすることはありませんでした。

右手と比べると一目でわかるほど大きく腫れ上がっている左手を見るだけで、
どんなに激しい痛みがあるだろう…と思うのですが、
その手を先生がずっと触診している最中でも、抵抗せず立派に耐えていました。

私も昔、
右手が同じように酷く化膿して腫れ上がった経験をしたことがあるのですが、
あの時の痛みは鉛筆ひとつ持つことができないほど、
指一本動かすのも悲鳴をあげるほどの痛みで、
治療中はいい年した女性が足をバタバタしながら悲鳴をあげて大騒ぎしましたから、
クロさんの頑張りには、尊敬の念を覚えます…!


食事を一切とれないのも、これが原因と思われるとのことで、
脱水症状が少しあることから点滴をすることになり、
一緒に抗生剤を投与してもらいました。

しばらくは、病院に通って、
抗生剤などでの治療が必要とのことでした。

クロさんの腫れ上がった手が可哀想で仕方ないものの、
原因がわかり、治療を受けられたことで少しホッとしながら帰宅…。
その日は寝たのは朝の6時頃でした〜。
次の日が仕事がない祝日で助かりました…。


救急病院はあくまでその晩処置をしてくれる場所、
診断内容やどのような処置をしたかを記した紙をいただけるので、
それを持って次の日に再度かかりつけの病院に行くことになるのですが、

続く日が祝日→日曜日ということで、
休日も診察している病院を紹介してもらい、
そちらで休日の間は引き続き治療をしていただき、
週明けから、近所のかかりつけの病院へ行くことになります。

…というわけで、
怒涛の救急病院での一夜が明け、

本日21日(土)の春分の日も、
イヤじゃ〜!と両足を突っ張るクロさんをギュッ!とキャリーに詰め込み、
祝日も診察してる病院へ行ってまいりました。

相変わらずお利口に頑張るクロさんですが、
こちらの病院では、診察を始める際、
猫袋(?)に入ることになりました。

IMG_8130.jpg

赤い猫袋(?)に、
水色のエリザベスカラーがやけにポップなクロさんです。

水も含めて食事が一切とれてないということで、
手の怪我の他に原因がないか念のため検査をしたので、
その血液検査の結果待ちをしている時、
待合室で母に抱っこされているところを激写しました。

IMG_8131.jpg

後ろ足から血液を採取された後、
半ば放心状態のクロさんです。
触れてみると小刻みにプルプル震えているのがわかって、
可哀想でならないものの、これもクロのため…。
頑張れ頑張れ!!と声援を送るのみです。

ドキドキの結果発表は、
血液検査での異常は見当たらず、
肝臓腎臓、白血球の値などなど、すべて問題なし!とのことでした。

よ…よかったぁ……。

…というわけで、手の治療に集中すべく、
クロさん共々頑張りたいと思っているところです。

とりあえず痛み止めを点滴と一緒に入れて下さったので、
食欲が少しでも出てくれるといいな…と思っているのですが、

帰宅後キャリーから解放した途端、
「もう誰も信じられないっ!! アタチこの家から逃げなくちゃ…ころされるぅぅ…」
とばかりに、椅子の下に避難したりと、
露骨な人間不信丸出し態度のクロさん…。
ぐすん…そんなに嫌わなくても…。

IMG_8135.jpg
バリカンで毛刈りをされてできた左手のハゲ…

しきりと気にしていた、後ろ足の採血部分、

IMG_8136.jpg
なによ!これっ!!

この後、取ってあげたら、
テープにくっついて毛がかなりむしれてしまいました…。
また痛い思いさせてゴメンよ…クロさん。

スポンサーサイト
| 2015.03 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Coo

Author:Coo
空(くう):1996年9月18日生まれ
      オレンジポメ ♂
      2010年12月27日に
      慌ただしくお空へ引越し
      (14歳3ヶ月9日)
   現在はお空で順調に生活中の、
   お空4年生

クロ:生粋の野良出身の黒猫
   ♀(避妊済)
   推定で決めた誕生日は
  2005年4月7日(現在推定9歳)

飼い主:Coo 福岡在住 ♀

☆★ 生前の空の毎日から闘病、旅立ちを記した前ブログ → 「空のブログ http://ameblo.jp/pome-coo/ 」★☆

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。