スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武雄市図書館へ(その2)

2013.05.16 00:00|お出かけ
前回の記事に引き続き、今回も武雄の記事第2弾、

今回は、武雄市図書館が少し空くのを待つ間のぞいてまわった、
武雄の他のスポットでの記事です♪


せっかく武雄に来たんだから、
武雄温泉を見ておかなくちゃね〜と、ほど近い目的地へ移動です。



こちら武雄温泉新館は、国重要文化財だそうで、
中を見学することができたので、ちょっとウロウロ…。

1階、入って左側の方には男湯、

IMG_6499.jpg

IMG_6501.jpg

右側の方には女湯、

IMG_6504.jpg

それらの真ん中を抜けるところには、中庭も♪

IMG_6494.jpg


2階も上がってみることができたので、

IMG_6495.jpg

趣のある階段を上がると、
いくつかの宿泊するお部屋がありました。
どんな人たちが泊まっていたのかな〜、
…と、昔の人たちのことを想像しながら、

IMG_6497.jpg

2階中央の窓から外を眺めると、
ありゃ〜〜、残念っっ!!!

本来なら、

IMG_6551.jpg

同じく国重要文化財の、
武雄温泉楼門(画像右)が見えるハズなのに、
工事中でブルーシートが見えるのみでした〜。

今回は温泉には入りませんでしたが、
この建物の隣に入浴できる場所があるので、
温泉を満喫することも出来ます♪

IMG_6491.jpg


さて、続いて向かったのは、

IMG_6510.jpg

佐賀県立 宇宙科学館「ゆめぎんが」という場所。

図書館も武雄温泉も、この宇宙科学館も、
それぞれ車で移動10分くらいかな? 
…くらいの、とても行き来しやすい立地条件だったので、
ちょっと行ってみることにしました♪

館内へ入る前に、建物のすぐ近くにある、

IMG_6512.jpg

これ♪ スカイバス「のぼるくん」

これは乗ってみないといけないでしょ〜♪
と、往復200円の券を購入後テンション高く乗り込み、

IMG_6518.jpg

お山の上の展望台目指して出発!!

IMG_6521.jpg

想像よりかな〜りノンビリなスピードで、
のどかに上を目指して進みます。

IMG_6523.jpg

登ってきたレールを見下ろしてみたりと、
ワクワク楽しみつつ…

IMG_6526.jpg

到着しました♪

展望台へ登ってみると…

IMG_6528.jpg

広々とした視界が広がっていて、気分爽快♪

IMG_6530.jpg

先ほど後にしてきた宇宙科学館の建物や、
お池に浮かんでいるアヒルボートも小さく見えたり、

IMG_6531.jpg

周囲をのんびりと見渡すことができました。

武雄って、上から見るとかな〜りのどかな場所ですが、
車で町を走っていると、気持ちのよい街並でとても良いところでした♪


「のぼるくん」に別れを告げ、宇宙科学館の館内へGo!

IMG_6533.jpg

この画像でお分かりかと思いますが、
そう、今回この施設を訪ねた一番の目的は、
「プラネタリウム」!!

小学生の頃見たきり、ずっとご無沙汰していたもので、
図書館の近くにプラネタリウムが見られるところがある…という情報を入手した時、
是非見たい!!と思っていたのでした。

プラネタリウムの上映時間まで、少し余裕があったので、
館内を探検してまわっていたのですが、

IMG_6535.jpg

宇宙っぽい展示の中を進んだ先に、

IMG_6538.jpg

宇宙飛行士の訓練のように、
グルングルンと上下左右ムチャクチャに回っている女性発見です!

子供しかしていなかったら、さすがな私でも遠慮したかもしれませんが、
この時このコーナーにいたので、大の大人4人だけ。
そして、立派な大人の女性が私の前にグルングルン回っている!!

…ということで、
(よし!身長は余裕でクリア! 体重は…おおぉ〜良かった大丈夫〜。)
と、周囲に注意書きされた体験条件をチェックしつつ、
ずずずいっと前に出て、

にこやかに微笑みかける係のお姉さんに体験希望を伝えました!

私がやってみたのは、グルングルンではなく
(直前に館内のレストランコーナーでたこ焼きとイチゴソフトクリームを食べたばかりだったのです…

IMG_6536.jpg

重力の弱い月を歩いている時のように、
軽くジャンプするだけで、びょ〜んびょ〜んと高く跳ね上がりつつ進む体験ができる、
もう一つのムーンウォーカーの方です。

本当は私の華麗な歩き様をお見せしたいところだったのですが(笑)
残念ながら動画撮影を頼める人が存在しなかったので、

よそ様の方が体験している動画をご覧になって、
だいたいの雰囲気をご想像下さい。( こちら や こちら )

ええ〜〜っ!! 体験した私の感覚としては、
この動画の2〜3倍の高さまでビョンビョンと跳ね上がっていた気がしたけど…。
そう思っていたのは本人だけで、端から見るとこんな感じだったんでしょうか…。
それとも私の体験した機器の調整がかなりバネが元気よく?設定されていたのでしょうか??

想像以上にコントロールが難しくて、
ひええぇぇ〜!!と慌てふためきながら、
必死に地面に足先をチョ〜ン、チョ〜ンとあてて、
適当な方向へ飛んでおりました。



年甲斐もなく、このようなことをして楽しみながら時間を過ごすうちに、
プラネタリウムの時間になり、

IMG_6544.jpg

ホール内へ入り、シートを倒してワクワクと上映を待ちました。

上映前は撮らせてもらえましたが、もちろん上映中は撮影禁止、
あの満天の星空を言葉でお伝えするのは不可能ですが、

途中、ナレーションのお姉さんが、
「それでは私が合図するまで目を閉じていて下さいね、3…2…1…」
と、今まで投影されていた実際に私たちが目にする夜空から、
いつもは見えていないけれど存在していより多くの星たちも瞬かせた星空へ、
変身させた時、

合図で目を開けた時に、目の前に広がった無数のきらめく星々の美しさに、
思わず涙がツツ〜と流れてしまいました。

年齢が上がるにしたがって涙腺がゆるくなっちゃいますね〜。
能古島の花畑の時もそうでしたが、
ものすごくきれいな光景を見ると、最近何故か涙が出てしまいます。

こんな満天の星空が実際に自分の目で見られることは日々の中ではないけれど、
もしかしたら、雲の上のずっと星々に近いお空へ引っ越している空は、
夜、上を見上げるとこんな光景を毎日見ているのかもしれないな…
などと考えながら美しい光景を眺めていました。

nightsky.jpg
(画像は無いので、せめてイメージイラストを…)



こうして、約50分間のプラネタリウムを堪能した後、
またまた図書館へと舞い戻ったのでした〜。



続きを読む >>

スポンサーサイト
| 2013.05 |
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Coo

Author:Coo
空(くう):1996年9月18日生まれ
      オレンジポメ ♂
      2010年12月27日に
      慌ただしくお空へ引越し
      (14歳3ヶ月9日)
   現在はお空で順調に生活中の、
   お空4年生

クロ:生粋の野良出身の黒猫
   ♀(避妊済)
   推定で決めた誕生日は
  2005年4月7日(現在推定9歳)

飼い主:Coo 福岡在住 ♀

☆★ 生前の空の毎日から闘病、旅立ちを記した前ブログ → 「空のブログ http://ameblo.jp/pome-coo/ 」★☆

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。